こんにちは、和田です( ・◡・ )

 

 

さて、ちょっとかしこまってお知らせしたいことがあったのでブログをアップです。

 

 

事務所と相談して、

今年2019年の7/14から9/7までの約2ヶ月間、

カナダのバンクーバーに語学留学をさせてもらうことになりました。

 

 

そう、語学留学です。

英語を超短期間ではあるけれど、

できる限り学んでこようと思っています(o^^o)

 

 

理由はたくさんあって、

 

 

その中でもものすごく大きな1つをあげると、

ヨハンヨハンソン、という偉大な作曲家さんを知れたこと。

もうお亡くなりになってしまったのですけど涙。

 

 

ぼくなんかがあのレベルに行けるとは未だ到底思えないのですけど、

大好きな映画の世界、その中でも特に好きな海外映画。

そこで奏でるヨハンヨハンソンさんの音楽はとても芸術的でシニカルで、憂いがあって奥深くて。

特に数年前に「メッセージ」を観たときは個人的に衝撃を受けまくりなのでした。

 

 

ああいうアプローチはどこか自分が目指したい劇伴音楽の形に共通するところがあって、

あれからどんどんと、海外のこの監督さん・この脚本家さんとお仕事がしたい!

という夢が膨らんできたのです。

 

 

日本でもペーペーの下っ端のぼくが何を急に大それたことを、

って感じですが、

自分の勝手な夢だから良いよね、、、(o^^o)

 

 

逆にもっと身近な理由でいえば、

今年、念願のNYに行けたこと。

やっぱりコレ大きかった!!

帰ってきてすぐに事務所に語学留学の相談してしまったもんね。

 

 

海外の文化や街や人に触れるって、

こんなに自由になれることなのかって感銘を受けた旅だったのでした。

 

 

なんとなく自分がそう思うだろうなっていうのはうすうす予感があって。

愛媛で18年、大阪で13年くらい、東京で10年目。

街が大きくなるにつれてたくさんの価値観に触れることができて、

同時に時代も大きく変わって価値観の多様性が当たり前になってきて。

 

 

そんな中。

たくさんの価値観に触れながら生きるって、

自分にとってこの41年間、とても心地よかったのですね。

どんどん自分なりの表現ができるようになってきたなあって( ・◡・ )

 

 

そんなタイミングでNYに行けたもんだからもう刺激うけまくりで。

ああん!もう!全然自由に自分らしくやっていこ!

って思えて勢いでヒロアカステージも書き上げましたし(笑)。

自分は自分で良いって思えるってなかなか難しいんだけど、

なんだか気持ちよくそう思わせてくれる空気がNYにあったのです。

 

 

それがきっかけとなってもっと英語を話したいと。

というか、

もっとたくさんの国に訪れて表現を磨きたいと。

そう思うようになったのです(o^^o)

 

 

大きくいえばこんなところかな。

 

 

さて、2ヶ月という短い期間だけど、

お仕事もある程度向こうで進めます。

ちょうど運良く制作が空いた時期を狙ってはみたのだけど、

それでもありがたいことにいくつか仕事はいただいていまして。

関係者の方々にはご迷惑をおかけしてしまいますが、

打ち合わせに直接いけないコト以外はなんとかする!なんとかやる!

と息巻いておりますデス。

 

 

なんなら仮歌とかもカナダで録る計画。

もうこれだけで今の自分にはすごいミッションなんだけど。(笑)

がんばる。

 

 

あとあと、

帰ってきてもバリバリ日本でお仕事やっていくです。

今回の留学は何年か先、何十年か先の、

夢へ向かっての最初の一歩にしたい。

短期間ではありますが2ヶ月、勉強してこようと思っています(o^^o)

 

 

以上、報告でした。

 

 

2ヶ月ってほんとあっという間だと思うし、

それで人間大きく変われるとも思えないけど、

とにかく今は海外1人暮らしへの不安と心配しかなく。

基本ビビりなのでもう今から怯えまくりの毎日です。

それでも自分で決めたことなので、

背筋のばしてバンクーバーを歩けるくらいにはなって帰ってきたいなって思っています( ・◡・ )

 

 

 

Comment
SHOWBOYを初日からすでに3回観劇している、ふぉ〜ゆ〜の辰巳くんのファンです。今回は事前に音楽が素晴らしい、と聞いていたので、期待して伺いました。私は幼少期、また成人してからも何年かNYに住んでいたので、ブロードウェイのミュージカルにも行きましたし、華やかなショービジネスの空気を少し感じて育ちましたが、今回のSHOW BOYはお芝居部分もありつつ、やはり冒頭音楽からワクワクさせてくれる華やかさがあり、ブロードウェイを思い出しました。ブログを拝見し、人生一度きり。やりたいことをやる!ヤルシカナイネェ!というとても前向きな意気込みを感じました。SHOW BOYのお話にも通じる気がします。

語学留学とのことですが、きっと音楽をなさる方は耳がいいので、たくさんのものをキャッチしてこられると思います。文法より、ハートで喋ってみて、どんどん助けてもらって、素敵な体験となりますように。

ふぉ〜ゆ〜がしっかりこの完売公演を全うできるよう、私たちもできる限りの応援をしていきたいと思います。

ふぉ〜ゆ〜と是非、将来また一緒にお仕事してください。
人生は変えられるし、全てをかけてこの瞬間を生きよう、と私も50代過ぎてより強く思うようになりました。
お気をつけて行ってらっしゃいませ。
  • りり〜
  • 2019/07/14 01:05
充実した語学留学になりますように祈っております!

最初はLとRの違いがわかりづらかったり、苦戦をするかと思いますが


Lの発音は、ラレルレロ。

Rの発音は、ゥアゥイゥウゥエゥオ。と少しWを入れたラレルレロにするとネイティブに近づきますので、是非やってみてください♪

かげながらさらなるご活躍を応援しております!
  • さぶ
  • 2019/07/19 08:31





   

Profile

和田俊輔/わだしゅんすけ

作曲・編曲家。

主に舞台劇伴のトータルプロデュースを担う事が多く、脚本・演出に柔軟に対応しつつも時にはアバンギャルドに、時には整然と、ジャンルや国籍に捕らわれることなく作り出す音楽は高い評価を得ている。

また、自身がプロデュースする音楽ユニット『てらりすと』ではボーカル・新良エツ子と共に、舞台主題歌やオリジナルミュージカルの楽曲制作等を精力的に行っている。

Contact
Mail 問い合わせ

Link

Archive

Search

Other